HOME>トピックス>大体の相場を考えながら地域に合わせた品物選び

目次

一般的な相場を目安にしよう

新郎新婦

これから引き出物の準備を考え始めるときには、大体どれぐらいの費用で準備するのか悩むことも多いです。一般的には披露宴で用意する飲食代の約三分の一が目安とされていますので、その金額で準備を進めていきましょう。

ゲストによって金額は増減します

風呂敷

引き出物も全ての人に同じ金額という訳ではなくて、多少は前後します。親族は一般的な目安よりも少し高めで、友人や知人が一般相場が大体の目安です。上司に贈るものは親族よりも少し金額は抑えますが、相場よりは少し高めで準備します。

品数は相談しましょう

ギフト

引き出物の金額を考えていると、どれぐらいの品数を用意すると良いのかも悩みどころです。基本的にはメインとなる品物に引き菓子の二つに、多ければ地域の縁起物を贈ります。2~3品ほどで準備をすることが多いですが、地域によっては4~5品ほど用意してとてもボリューム満点になることもあります。両家の親にも相談しながら品数や品物を選ぶことで、ちょっとしたトラブルも防げるので声をかけておきましょう。

節約しすぎは禁物です

ギフト

通販ショップでは、予算や目的などに合わせて選定できるようになっているケースも多いので、自分たちにピッタリの引き出物を購入しましょう。送料もきちんと調べたうえで購入すれば、満足できる引き出物を用意できます。

広告募集中