HOME>オススメ情報>どんなものを渡せば喜ばれる?結婚内祝い事情

結婚内祝いで気持ちを届ける

結婚内祝いは来てくださった人へ感謝の気持ちを伝える贈り物でもあります。この結婚内祝いで悩んでしまうカップルは実に半数以上にもなります。

結婚内祝いの準備

遅くても1か月以内がベスト

結婚内祝いを送る時期は遅くても入籍して1か月以内に送るのがベストと言われています。

近い人は手渡しをするといいでしょう

近い人なら夫婦そろって手渡しがベストですが、遠方で難しい場合は配送でもかまいません。

相手に合わせて送るようにしましょう

内祝を下さった方の年齢や好みに合わせて内祝いを分けると喜ばれます。

御祝の1/3から半額返しがベスト

内祝いのお返し金額は1/3から半額返しがベストです。頂いた金額に合わせて送りましょう。

色々なカタログを比較しましょう

内祝いギフトは一つのカタログだけではなく、多数のカタログと比較しながら選びましょう。

贈り先様に合ったものを選びましょう

新郎新婦

結婚という新しい門出を迎える準備をする中で、お祝いを頂く事も多くなります。そのお返しとして内祝いを贈るという日本の風習がありますが、結婚式の時の引き出物には、こだわりを持って選ぶ方はたくさんいます。ですが、結婚内祝いとなると式場にディスプレイしてある商品や内祝い用のカタログの中から無難で誰の記憶にも残らないような物を選びがちです。結婚内祝いを贈る先様の事を思い、受け取った時の喜ばれる姿を考えながら選ぶといいでしょう。

内祝いで喜ばれるもの

新郎新婦

結婚内祝いなどでまず考えなければいければいけない事は、どういう物が喜ばれるかです。贈った物が相手に喜ばれない物だとしたら悲しいですよね。また、金額も考えなくてはいけません。頂いた金額にもよりますし披露宴などをするかしないかなどでも違ってきますが、頂いた金額に対して半分から3分の1程度の金額の物を準備しましょう。お祝い金額に見合わない高額の内祝いを贈ってしまっては相手の方が恐縮してしまう場合もありますし、反対に低い金額の物ではがっかりさせてしまう事もあります。上司や友人など、普段のお付き合いの程度から結婚内祝いを決める事も大切です。結婚内祝いを選ぶのはとても大変ではありますが、相手の事を考えて気持ちを込めて選ぶといいでしょう。

広告募集中