もらって嬉しい植物

もらって嬉しい植物の1つがプリザーブドフラワーです。長期間楽しむことが出来るという理由で、生花より送られる人が増えています。

一般的な贈り物と植物の魅力

一般的な贈り物の魅力

一般的な贈り物の魅力は、相手の好きなものや現在趣味の物を送るなど相手の好きなものを考えながら送ることが出来ます。食品から雑貨まで選ぶものも幅広く、渡すものに悩んだらカタログギフトを送るなど相手に好きなものを選んでもらう事も出来る為、主に内祝いなどで利用される方が多いです。

植物の贈り物の魅力とは

植物の贈り物はもらったときに癒しを送ることもできます。普段部屋に植物がないという人も、植物が部屋にあるだけで雰囲気も変わり、人を癒す効果もあります。フラワーギフト専用のカタログもあり、最近では手作りのプリザーブドフラワーを贈り物として渡す人も多いです。

プラントハンター

テクスチャ

プラントハンターと呼ばれてマスコミでも大人気の西畠清順は、兵庫県川西市に生まれた実業家です。西鼻清順は21歳から世界中を回って植物を集めて必要な人に提供するプラントハンターとしての活動を開始しています。そして現在では1年間で250トンに及ぶ輸出入するそら植物園の代表として知られています。そら植物園の意味はひとの心に植物を植えるという意味です。西畠清順は日本だけでなく、世界の植物園や公共施設や王族などに植物を提供しているのです。

多くの緑化事業を手掛ける

ブーケ

西畠清順がプラントハンターと呼ばれるようになったのはブログで、ブログの名前がプラントハンターだったことからです。また西畠清順はプラントハンターの本を2011年に出版しています。それから2012年にそら植物園を設立しています。また世界中に植物を集めた代々木ビレッジや東日本大震災復興祈願イベントなど多くの緑化事業を手掛けています。さらに日本中から集めた桜を東京都内で咲かせる桜を見上げようsakura projectは世間の注目を集めています。

世界一のクリスマスツリー

花

西畠清順が行ったイベントで2017年に神戸市で開催されためざせ世界一のクリスマスツリーPROJECTは大変な評判になっています。またイベントの模様はテレビでもスペシャル番組として放映されています。そしてイベントで使用されたクリスマスツリーは、生田神社の鳥居や伝馬船の素材になっています。それから2018年にはそら植物園は日販と合弁会社を設立し、Ginza Sony ParkにアヲGINZATOKYOを開くことを発表しています。

東京国立近代美術館内のレストラン

ギフト

西畠清順がこれまで行ってきた活動には、他には東京国立近代美術館内のレストランのラー・エ・ミクニやBrilliaTower代々木公園CLASSYの植栽計画のアドバイザーやNHK BSプレミアム 奇跡の植物紀行〜神秘のオセアニア〜のナビゲーターなどがあります。そして西畠清順の活動はこれからも世界に大きな影響を与えていきます。

広告募集中